セミナー・イベント

[有料セミナー] 輸入ビジネスと知的財産権にかかわる契約のポイント

*--募集人員に達したため、お申し込みを締切ました。(9/26(木))--*

輸入ビジネスではいろいろな契約が交わされますが、知的財産権に関する侵害リスクの低減やトラブルの予防・解決のために、どのような契約を締結したらよいのでしょう?
仕入をする際に結ぶ「売買契約」のほか、「代理店契約」、「販売店契約」、「ライセンス契約」、そうした契約に関連して「販売許諾権」「独占権」「商品化権」などいろいろなことばを耳にしますが、その意義や特徴、違いなどについて改めて確認する機会はなかなかないものです。さらにそれぞれの契約や権利は知的財産権を行使する際、法律上どのような意味を持つのかということを知った上で交渉することは、ビジネスを有利かつ安全に進める上で重要でしょう。
そこで今回は、企業法務にかかる実務経験豊富な石下弁護士をお招きして、主にライセンシー(許諾を受ける側)の立場からみた契約について基礎から解説して頂きます。さらに国際取引において生じた契約に関するトラブルの事例・裁判例を通じ、契約に関する留意点についてもお話いただきますので、この機会に是非ご参加下さい。

※参加申込みの注意事項
本セミナーは有料セミナー(1,000円)です。参加費は、当日会場受付にてお支払いください。

日時 2013年10月04日(金) 14:00~16:00
内容 講師: 弁護士法人クラフトマン 弁護士 石下 雅樹 氏
募集人員 45名(先着順 定員に達し次第締め切ります)
参加費 1,000円
会場 池袋サンシャインシティ・ワールドインポートマートビル6階
ミプロ内会議室
主催等 (一財)対日貿易投資交流促進協会(ミプロ)
お問い合せ先 知財セミナー担当 (棚澤、中村)
TEL:03-3971-6571 / FAX:03-3590-7585
募集人員に達したため、お申し込みを締切ました。

「セミナー・イベント」へ戻るページのトップへ戻る