セミナー・イベント

第1回 輸入ビジネスとはじめての知的財産権 ~裁判事例から学ぶ、並行輸入のリスクとは~

*--募集人員に達したため、お申し込みを締切ました。--*

有名ブランド商品の「並行輸入」は人気商品を割安で仕入れることのできるビジネスのように思われますが、実は法的には、あまり一般には知られていないある3つの要件を満たす必要があるのです。
しかし、裁判例で示されたこの3要件に関する理解が不十分なために、輸入事業者と商標権者などとが裁判で争う例は少なくありません。
どのような商品の何が争点となるのか、真贋について輸入者はどこまで確認する義務があるのかなど、並行輸入にまつわるリスクを理解するためにさまざまな裁判例を眺めることは極めて有効です。
そこで今回、この分野がご専門の高橋弁護士をお招きし、まず知的財産権とは何かといった基礎的な知識を体系的に説明いただきます。またさらに、身近な商品で起こった実際の裁判事例をご紹介し、トラブル予防のポイントを、楽しくわかりやすく解説いただきます。
この機会に是非ご参加下さい。

※参加申込みの注意事項
本セミナーは有料セミナー(1,000円)です。参加費は、当日会場受付にてお支払いください。

日時 2014年06月30日(月) 14:00~16:00
内容 【講 師】コスモポリタン法律事務所 弁護士 高橋 喜一 氏
募集人員 40名(先着順 定員に達し次第締め切ります)
参加費 1,000円
会場 池袋サンシャインシティ・ワールドインポートマートビル6階
ミプロ内会議室
主催等 (一財)対日貿易投資交流促進協会(ミプロ)
お問い合せ先 知財セミナー担当 (棚澤、中村)
TEL:03-3971-6571 / FAX:03-3590-7585
募集人員に達したため、お申し込みを締切ました。

「セミナー・イベント」へ戻るページのトップへ戻る