セミナー・イベント

権利侵害! 警告を受けた時、受ける前にできること ~法律から見る知的財産権侵害リスクの実際とは~

*--募集人員に達したため、お申し込みを締切ました。(9/12(金))--*

もしも突然「あなたの輸入販売ビジネスは権利を侵害する行為です」との警告を受けたなら、どのように対応したらよいのか、誰に相談したらよいのか、わからない方も多いでしょう。権利を侵害することなく安全にビジネスを継続するための日頃の取組みは必要です。そしてさらに警告とはどのような前提のもとに発せられるものなのか、輸入販売者に求められる責任とは何か、仕入れ先との負担分担などに関して、法律的な知識を得ておくことは、万が一の事態に対する備えとなります。
そこで今回は企業法務にかかる実務経験豊富な石下弁護士をお招きして、警告を受けた場合を想定し、アドバイスと解説を頂きます。この機会に是非ご参加下さい。

※参加申込みの注意事項
本セミナーは有料セミナー(1,000円)です。参加費は、当日会場受付にてお支払いください。

日時 2014年09月12日(金) 14:00~16:00
内容 [講 師] 弁護士法人クラフトマン代表社員
      弁護士・弁理士  石下 雅樹 氏
募集人員 40名(先着順 定員に達し次第締め切ります)
参加費 1,000円
会場 池袋サンシャインシティ・ワールドインポートマートビル6階
ミプロ内会議室
主催等 (一財)対日貿易投資交流促進協会(ミプロ)
お問い合せ先 知財セミナー担当 (棚澤、中村)
TEL:03-3971-6571 / FAX:03-3590-7585
募集人員に達したため、お申し込みを締切ました。

「セミナー・イベント」へ戻るページのトップへ戻る