セミナー・イベント

知的財産権を侵害しない、されないために 円安環境に勝つ!輸入のビジネスモデルと知的財産権

*--募集人員に達したため、お申し込みを締切ました。(2/2(月))--*

円安環境下では、ブランド物をただ右から左に流す商売では、思うように利益を上げることはできません。輸入のビジネスモデルは、円安環境下でより工夫が重ねられ多様化しています。たとえば、単発的な商品の仕入れから始まった輸入ビジネスを実績を重ねて独占販売権の取得につなげていく、海外でみつけたキャラクターなどの商品化を行う、あるいは他社製品にない魅力で消費者の目を惹くために、既存の輸入製品に手を加えて販売する、等々。
これら様々なビジネスモデルで、留意しなければならないポイントは何でしょうか。特に、知的財産権を侵害せず、またせっかく発掘し工夫した商品の知的財産権を侵害されないために、どのような取組みが必要なのでしょうか。
今回は知的財産権に関する豊富な経験をお持ちの竹岡弁護士をお招きし、輸入ビジネスを安心して進めるため、特に知的財産権を中心に、いろいろなビジネスモデルで留意すべきポイントと、それぞれのビジネスのかたちごとに適した契約書の留意点についてご講演をいただきます。
輸入ビジネスのステップアップや新たな展開をお考えの方は勿論のこと、これから輸入ビジネスを 始める方、輸入ビジネスを始めたばかりの方でも将来ビジネスを発展させてみたいとお考えの方は、 この機会にぜひご参加ください。

※参加申込みの注意事項
本セミナーは有料セミナー(1,000円)です。参加費は、当日会場受付にてお支払いください。

日時 2015年02月02日(月) 14:00~16:00
内容 [講師] 光和総合法律事務所 弁護士 竹岡 八重子 氏
募集人員 40名 (先着順 定員に達し次第締め切ります)
参加費 1,000円
会場 池袋サンシャインシティ・ワールドインポートマートビル6階
ミプロ内会議室
主催等 (一財)対日貿易投資交流促進協会(ミプロ)
お問い合せ先 知財セミナー担当 (棚澤、中村)
TEL:03-3971-6571 / FAX:03-3590-7585
募集人員に達したため、お申し込みを締切ました。

「セミナー・イベント」へ戻るページのトップへ戻る