知的財産権保護について

知的財産権保護とは

2002年に政府による知財立国実現への取組みが始動してから、知的財産権に対する関心の高まりには目を見張るものがあります。一方、知的財産権を侵害する物品が輸入され、国内を流通する状況には改善の兆しが見えません。また、内閣府の調査においては国民の約半数が模倣品等購入を容認する結果も出ています。ミプロでは流通などに関わる人への情報提供の重要性や個人の行為がビジネスに与える影響への懸念をふまえ、知的財産権保護に関する情報提供を行っています。

2012年7月 ミプロ主催「知的財産権セミナー」

新着情報

過去の情報一覧
2017年04月10日 知財Q&A「竹岡弁護士に聞きました」を更新
2016年12月26日 [有料]「円安でも円高でも勝ち残る 輸入のビジネスモデルと知的財産権」(2017.1.25/東京・池袋) (終了)
2016年11月04日 [有料]「商材を見つけたら... 一から学ぶ知的財産権侵害リスクの調べ方  ~商標権を中心に~」(2016.12.9/東京・池袋)(終了)
2016年09月06日 [有料] 「契約の基礎と知的財産権に関わる留意点を学ぶ」~商品の取引に関わる契約を中心に~(2016.10.21/東京・池袋)(終了)
2016年07月04日 [有料] 「一から学ぶ並行輸入とそのリスク」~商標権を侵害しないための留意点~(2016.9.9/東京・池袋)(終了)

ページのトップへ戻る