小口輸入について

小口輸入の流れ

ミプロでは、『小口輸入』を「第三者に販売する目的で商品を海外から小規模(少量)輸入すること」と定義しています。ご自身が使用するための『個人輸入』とは異なり、『小口輸入』業者は販売者責任を負うことから、商品によってさまざまな輸入・販売法規制が適用されます。下図は『小口輸入』の一般的な流れです。

<参考となるミプロ資料>
  小口輸入ビジネス入門          >>ミプロ「資料のご案内」はこちらから
※ フローチャートにカーソルを合わせクリックすると、解説ページへジャンプします。

解説ページは、“小口輸入の流れ”に沿って、貿易取引等の実務ノウハウの観点から、輸入者が調査・確認、検討、実行(手配)すべき事柄や注意点を整理したものです。当然、個々の商品や取引によって異なる事柄もありますので、参考資料としてご利用いただきますようお願いします。

ページのトップへ戻る