小口輸入について

輸入手続き -品目別編-(その他)

Q1. アメリカからペット用サプリメントを輸入し、ネット販売と小売店への卸しをしようと考えています。国内で医薬品とみなされる成分は含まないと思われますが、特別な法規制はありますか。

輸入なさろうとしているペット用サプリメントが犬・猫用であるか否かによって輸入・販売時の規制は異なります。犬・猫用でなければ現在のところ特別な法規制はありません。

一方犬・猫用である場合、2009年6月に施行された愛がん用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)に基づき、ペットフード、ミネラルウォーター、生肉、スナック、ガム、サプリメント等が規制対象になっています。同法によりペットフード(犬・猫用のみ)の輸入業者は事業開始前に以下①~④が義務づけられています。

①氏名、事業者の名称等の農林水産大臣および環境大臣への届出
②帳簿の備え付け
③同法で定めるペットフードの規格基準への適合(成分規格・製造方法基準)
④販売時の表示基準への適合(名称、賞味期限、原材料名、原産国名、事業所名および住所)

詳細につきましては環境省および農林水産省ウェブサイトにてご確認ください。

なお、医薬品成分を含まないサプリメントとのことですのでこちらには該当しないと思われますが、動物用医薬品の場合医薬品医療機器等法の規制対象となります。もし商品の成分がわかれば農林水産省動物医薬品検査所ウェブサイトより医薬品に該当するか否か確認できますので、念のため調べておかれることをおすすめします。

(更新日:2015年5月13日)

「小口輸入に関するQ&A」へ戻るページのトップへ戻る