知的財産権保護について

外国ブランド権利者名簿

日本では、権利侵害品について水際では税関が、国内流通時では警察が、必要に応じて連携をとりながら従来から取締まりを行っています。しかし悪質な業者等による偽ブランド品など不正商品の被害等の問題は依然として後を絶ちません。「外国ブランド権利者名簿」は経済産業省の支援を受け社団法人日本輸入団体連合会において、1989年度より毎年発行されてきましたが同連合会の解散(2002年度末)にともない、その後一時中断状態にありました。

ミプロでは知的財産権保護への取組みの一環として、不正商品取締り活動を支援することを目的に「外国ブランド権利者名簿」の再開を決め、一般社団法人ユニオン・デ・ファブリカン、一般社団法人日本時計輸入協会および日本繊維輸入組合等の協力を得て、2004年より、発行してまいりました。
この名簿は外国ブランド品のブランド名、ブランドマーク、権利者等に関する情報を全国の税関、警察等に無料で提供するもので、関係機関と外国ブランド権利者との連絡をスムーズにし、事件処理を迅速且つ的確にするためにお役立ていただいております。

ミプロでは今後も政府の知的財産権保護強化政策を踏まえ、名簿の充実をより一層図りたいと考えています。

本サイト英語版でもご案内を掲載しておりますので、海外企業の皆様への説明にご利用ください。
(海外から直接申し込むことはできません。日本の窓口が必要です。)

本件に関するお問い合わせ先 「外国ブランド権利者名簿」担当 林
電話:03-3971-6571

「外国ブランド権利者名簿 2016年12月」への掲載お申込みは2016年6月30日で締め切りました。
お申込みいただいた内容の確認は、下記のサイトで行うことができます。
>>ミプロ「外国ブランド権利者名簿」申込み内容確認サイト
次回の掲載募集の開始は2018年春となる予定です。

ページのトップへ戻る