mipro(ミプロ)一般財団法人対日貿易投資交流促進協会

文字サイズ

開催報告書

輸入ビジネスセミナー「化粧品の輸入・販売手続き~医薬品医療機器等法から学ぶ~」

根強い人気を誇る海外の化粧品ですが、輸入商材として取り扱うには、許可取得や複雑な手続きなどハードルが高いのも事実です。そこで、今回は行政書士で薬剤師でもある専門家を講師にお迎えし、医薬品医療機器等法(薬機法)における化粧品輸入の考え方、製品を輸入する前に検討すべき点などついて、詳細にご説明いただきました。
具体例を入れた詳細なわかり易いご説明に、皆さん熱心に耳を傾けられ、講演後も沢山のご質問が寄せられました。参加者は41名。

日程 2018年10月26日  13:30~15:30
会場 池袋サンシャインシティ ワールド・インポート・マート・ビル6階 ミプロ内会議室
主催 (一財)対日貿易投資交流促進協会(ミプロ)

第1部 化粧品輸入と医薬品医療機器等法
講師:吉田法務事務所 行政書士・薬剤師 吉田 武史 氏

医薬品医療機器等法における化粧品・医薬部外品の定義とそれぞれの違い、目的による分類、効能の範囲や広告表現などについて具体的にご説明いただきました。
また、業許可の範囲と取得要件などについても解説していただきました。

第2部 製品の検討
講師:吉田法務事務所 桑田 かおり 氏

輸入時に輸入担当者が検討すべき事項について、原産国の法規、製造メーカーとの契約、通関時の対応と関連法規の確認、成分などさまざまな観点から解説いただきました。併せて表示についてもご説明いただきました。

第3部 Q&A
講師:吉田法務事務所 桑田 かおり 氏

日頃ミプロに寄せられるご質問の中からいくつかを選び、ご回答いただきました。

参加者からのコメント

多くの方から高評価を頂きました。アンケートの一部をご紹介させていただきます。

  • わかりづらい薬機法の考え方についてわかり易くご説明いただき、大変参考になりました。
  • 具体的に今後やるべきことの一部が明確になりました。資料が詳しく今後も役立ちそうです。
  • 確認すべきポイント、注意点などを知ることができた。Q&Aの実例もあり理解が深まった。

講師: 吉田 武史 氏

講師: 桑田 かおり 氏

ページの先頭に戻る