mipro(ミプロ)一般財団法人対日貿易投資交流促進協会

文字サイズ

開催報告書

小口食品輸入の実務 ~今、知っておくべきEPA対応と販路開拓~

例年ご好評をいただいている食品輸入に特化したセミナーを今年も開催しました。
今年は、今後の食品輸入ビジネスにとって重要なEPA(経済連携協定)税率を適用するための要件や手続きについての解説を加えました。また、食品輸入ならではの輸入手続きや法規制、物流、食の安全確保のために欠かせない品質管理などについて、具体事例や必要書類の見本などを提示し丁寧にご説明しました。
加えて、取引先の開拓方法や資金繰りについても、さまざまな方法をご紹介しました。49名の聴講者の皆さんは熱心に耳を傾けておられ、講演後も多くのご質問をいただきました。

日程 2019年7月5日  13:30~16:00
会場 池袋サンシャインシティ ワールドインポートマートビル6階 ミプロ内会議室
主催 (一財)対日貿易投資交流促進協会(ミプロ)
協力 (一財)貿易・産業協力振興財団(ITIC)

講師: ミプロ貿易投資アドバイザー 中村 眞

最初に食品輸入の流れについて説明後、EPAの適用を受けるための手続きについてケース毎に説明しました。続いて、食品の輸入販売時にかかる主な法規制について法律別に解説しました。輸入時に提出する書類や契約、物流の際に必要な書類については、書類例をもとに詳細に解説しました。また、小口の方でも実践できる販路開拓の方法や、融資や資金繰りなど輸入ビジネス事業者ならではの情報もご紹介しました。

参加者からのコメント

多くの皆様から高い評価をいただきました。アンケートの一部をご紹介させていただきます。

  • 実際にEPAを利用し輸入ビジネスをしている方のお話だったので、現状の生の声を聞くことができた。
  • 食品輸入・販売時の品目ごとの具体的な注意点などを詳しく聞けて良かった。 
  • 配布資料の数々やサイトの紹介が有益だった。

講師: 中村 眞

ページの先頭に戻る