mipro(ミプロ)一般財団法人対日貿易投資交流促進協会

文字サイズ

開催報告書

貨物の輸入通関&日EU EPA基礎講座

今回のセミナーは、第1部では、日ごろ海上貨物の輸入に携わっている通関士により、輸入通関手続きの流れ、業務内容の解説と通関業者への依頼方法を、第2部では、通関の専門知識と豊富な経験を持つ講師より、日EU・EPAの基本的な内容と、EPA税率の適用を受けようとする場合の手順、必要書類等の解説を行いました。
参加者は39名でした。

日程 2019年11月29日  13:30~16:00
会場 池袋サンシャインシティ ワールドインポートマートビル6階 ミプロ内会議室
主催 (一財)対日貿易投資交流促進協会(ミプロ)
協力 (一財)貿易・産業協力振興財団(ITIC)

第1部 「輸入通関の実務と通関業者の利用法」
講師: (一社)日本通関業連合会会員
東京国際埠頭(株) 通関部 通関課 課長代理 通関士 岡本 麻理子 氏

輸入通関の流れ、輸入申告に必要な書類、関税率決定までの作業、輸入法規制にかかる手続き等について、日ごろの経験を交えながら具体例を挙げて説明し、さらに通関業者への依頼方法、通関業者の探し方等についても解説しました。

第2部 「日EU EPAを利用した通関手続きについて」
講師: (一社)日本通関業連合会 常務理事 清水 和男 氏

はじめにEPA全般について解説を行い、続いて本年2月1日にスタートした日EU EPAの特徴、税率を適用する場合の具体例と注意事項、英国のEU離脱の経過措置について解説しました。

参加者からのコメント

多くの皆様から高い評価をいただきました。アンケートの一部をご紹介させていただきます。

  • 普段、通関業者に全てお任せしているが、その実務内容を把握できてよかった。
  • 実際に業界にいらっしゃる方から専門的な事柄を易しい言葉で伝えて頂けたので理解が深まった。
  • 具体的に日EU EPAの仕組みや申告の方法を聞けたので、とても参考になった。
  • 日EUの最新の状況を含めたお話で、非常にイメージが具体的になった。

講師:岡本 麻理子 氏

講師:清水 和男 氏

ページの先頭に戻る