mipro(ミプロ)一般財団法人対日貿易投資交流促進協会

文字サイズ

開催報告書

製品安全セミナー 「知っておきたい‘キッチングッズ’の輸入届出と検査」

キッチングッズなどの食品用器具の輸入通関をスムーズに行うため、食品衛生法に基づく輸入届出と検査に関する基本知識と留意点を学ぶことを目的に登録検査機関より講師をお招きして開催しました。
参加者の皆様にはわかりやすく、役に立つ情報が得られたと高い評価をいただきました。参加者は47名でした。

日程 2019年3月15日  14:00~16:00
会場 池袋サンシャインシティ ワールドインポートマートビル5階 コンファレンスルームRoom9
主催 (一財)対日貿易投資交流促進協会(ミプロ)

「食品用器具の輸入通関に関わる検査について」
講師: (一財)日本食品分析センター 東京本部業務部業務二課 課長 吉川 淳 氏

はじめに、輸入品の安全確保と輸入者の責務についてお話がありました。輸入届出のための自主検査については、保税中の貨物で検査を行なう場合と検査用の製品(先行サンプル)で検査を行なう場合の2つに分けて、手続きと具体的な検査手順、留意点を解説していただきました。さらに器具・容器包装の規格試験のポイント、食品衛生法改正によるポジティブリスト制度の導入と今後の動向をご説明いただきました。

参加者からのコメント

多くの方から高評価を頂きました。アンケートの一部をご紹介させていただきます。

  • 食器の輸入を検討しているため、手順が明確になりました。
  • 具体的な説明と図解がわかりやすかった。
  • 全体的な概要から実務のポイントまで役に立つ情報が得られた。
  • 法改正の情報が初耳で役に立った。
  • たくさんの事例を出して説明していただけたので、とてもわかりやすかったです。

講師: 吉川 淳 氏

ページの先頭に戻る