mipro(ミプロ)一般財団法人対日貿易投資交流促進協会

文字サイズ

小口輸入に関するQ&A-その他

アメリカから革製品用防水スプレーを輸入・販売

Q31.
アメリカ製の革製品用防水スプレーの輸入・販売を考えています。国内で販売されている同一の商品を確認したところ、日本語で説明書きや注意点などが書かれていました。販売するにあたり、どの程度の内容の表記が必要か教えてください。

法規制と輸入通関時の手続きについて

輸入時に、エアゾール製品には「高圧ガス保安法」の規制があります。

家庭で一般に使われるエアゾール製品は、ガスの量や取り扱い等からみて危険性が少なく、高圧ガス保安法の規制対象外となるか、第3条に定める「適用除外」となるかのどちらかに該当するとみられます。
輸入するエアゾール製品が、高圧ガス保安法第3条の「適用除外」の規定に該当する場合、輸入通関に際して適用除外の規定に適合していることを証明する「試験成績書」の添付が必要です。
詳細は、経済産業省通達「高圧ガス保安法の適用除外となるエアゾール製品等の通関の際における取扱いについて(平成09.03.27)」をご参照ください。
また、下記 経済産業省ウェブサイトも参考になさってください。

輸入する製品の仕様をお調べになった上で、高圧ガス保安法の規制対象になるか否かを事業所を管轄する都道府県の高圧ガス保安担当部署にお問い合わせください。
エアゾール製品の試験成績書の取得については、日本エアゾール協会のウェブサイトを参考になさってください。

輸送について

エアゾール製品は、「郵便法」、「航空法」等の規制がかかり、危険の度合いによっては事業者が輸送を引き受けない可能性があります。
輸送を引き受ける条件については、直接各輸送会社にお問い合わせください。

防水スプレーの安全性について

「有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律」では、使用時にその内容成分が噴霧されてエアゾル状態となる製品をエアゾル剤として、その成分の規制をしています。また、同法では現在基準を設けている成分のみならず、家庭用品に使用される化学物質による健康被害が起きないよう安全確認に努めることは輸入事業者等の責務と定めています。
さらにスプレー剤の吸入による呼吸器系の中毒事故が1992年~1994年頃多発したため、厚生労働省は1998年に「防水スプレー安全確保マニュアル作成の手引き」を策定し、防水スプレーの製造、使用等の際に生じるリスク等を把握し、事故防止に努めることを求めています。重大な事故につながるおそれがある製品なので、その安全性確保にはご留意ください。

表示について

下記 厚生労働省ウェブサイトにも表示に関する記載があります。
エアゾール製品は、高圧ガス保安法、消防法に基づく表示が必要な場合がありますので、各都道府県の高圧ガス保安担当部署、各都道府県の消防庁・局の担当部署にお問い合わせください。

参考:

(更新日:2018年8月10日)

ページの先頭に戻る